個性的な人ばかり!漫画「僕らはみんな河合荘」の感想。

ども、aileと申します!

 

今回は久しぶりに日常系の漫画で、なんといっても登場人物の一人”河合 律”が可愛いすぎると思った方は少なくないはず…。

 

では、さっそく紹介していきましょう!

僕らはみんな河合荘 1 (ヤングキングコミックス)

本の紹介

タイトル「僕らはみんな河合荘

 

著者「宮原るり

 

最初は、「ヘッポコロジー」を2005年に「a+r」という名で、自身のサイトに開設。そのサイト上でで4コマ漫画「となりのネネコさん」の連載を始めた。

 

他の作品では

恋愛ラボ

みそララ

などがあります!

 

あらすじ

親の転勤により、念願の一人暮らしをすることになった高校生・宇佐

 

しかも下宿先の「河合荘」には、憧れの先輩も住んでいて!?

・・・なんて展開なのにどこかしら”残念”な住人たちに邪魔されてちっともトキメけない一つ屋根の下のラブ!

 

感想

憧れの先輩がたまたま同じ所に住んでいるというのは、現代ではほぼありえない設定です。(羨ましい限り…)

まあ、多少強引な設定が気になるのは最初のうちのみ!巻が進むにつれて、そんな違和感をなくすような展開にうまいこと運んでいきます。

 

そして、ヒロインである”河合 律”が私の好きなタイプの理想像です。

可愛い、清楚、ショートヘアー、この三大要素を含んでいる女性とは今のところ現世では一人しか出会っておりません…。

基本大人しい性格なんですがセリフもしっかりあり、物語が進むうえでとても重要な部分を担っています。

 

また、同じ住居人も個性的な人ばかりでやり取りが面白すぎです。笑

主人公の視点が多めなのは仕方ないのですうが、ちゃんと住居人とのやりとり、住居人同士のやりとりも多いため飽きることなく読めると思います。

 

少々ネタバレになるのですが、女子同士の”彩花さん”と”麻弓さん”のやりとりが結構リアルすぎて好きです。

基本彩花さんがいじって麻弓さんが言い返す、という展開なのですがそこは非常にテンポよくボケとツッコミが繰り返されるので漫才見てるみたいな感覚です笑

 

おだやかな日常+ボケとツッコミを求めている方におすすめです!

 

まとめ

実際の寮生活とか経験したことないのですが実際はどうなんですかね?

 

友人に聞いたのですが、やはり漫画のようにはうまい展開にはいかないようです。

それでも、こういうの読んでるとどうしてもお互いに共同生活に憧れます笑

 

その分、気を使うとか、ストレスとか溜まりそうですがそれでも一度は経験してみたいです。

そして、どうでもよいことですが私は”河合 律”みたいな女性を彼女にしたいと希望します!

私は、ロングよりショートヘアー派です。

 

だいぶまとめの路線からずれましたが今回はこの辺で!

 

ではでは!