小説「ブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 」 がなかなかブラックだった。

ども、aileと申します!

 

今回はなかなか長いタイトルですが、中身はスッキリ+読みやすかったです。笑

 

映画化もされてるので、もしかしたら聞いたことあるかもしれません!

 

では、早速紹介していきましょう。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

 

本の紹介

タイトルブラック企業に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 」

 

著者「黒井勇人」

 

 2007年から掲示板にて書き込みを始め書籍化されました。

映画化もされ、2009年に公開。

 

あらすじ

最終学歴中卒、ニート歴10年。

彼に働くきっかけを与えたのは母の死だった。

友人に教えてもらいながらも何とかプログラマの資格をゲットし、IT企業に就職する。

 

期待を胸に入社したがそこに待ち受けていたのは________。

 

感想

 今の日本にありふれている”ブラック企業”をテーマにした設定です。

まず思ったことは「こ、これがブラックか…」と一目見ただけでもわかるブラックさがなかなかです。

 

・残業代でない

・日をまたいで帰宅が週に何度か

・上司の理不尽さがモノをいう、などなど。

 

ここだけ見ると「はっ?こんなの今の会社で当たり前」

と思った方々、すみません!

まだ社会経験がないため、私からしたらこれもブラックのように見えます。

 

私の偏見なのですが“出来ないじゃない、やるんだよ。”が今の日本企業のイメージです。

 

会社の内部事情

リーダーの完全な独裁体制です。そして、リーダーと仲の良い井出さん。

主にこの二人が悪の根源といえるべき存在です。

この会社を支えている存在がワキガの上原さんと、神のような存在の藤田さん。

 

リーダーが上原さんに理難題を押し付けます。(主人公にも)

「おい、上原ぁぁぁぁ!!!」がリーダの口癖なほど…。

 

上原さん、極度のコミュ障なんですよ。だから、自分の意思を言えず全てYESで回答してしまう。

しかしながら、仕事はできるのでなんとかクリアしています。(精神的にはかなり来てますが…)

 

そしてなんといっても藤田さんが大黒柱ともいえる存在!

主人公の陰ながらの教育係として支えます。また、かなりの壮絶な過去を持っているとか…

 

ここが見どころ!

・主人公の強く生きていく姿

・周りとのコミュニケーションのやり取り

・勇気づけられる内容

 

主にこの3点です!

私はこれを読み終わったあと、「自分も頑張ろう」という気持ちになりました。

 

無理難題を押し付けられても、”逃げる”のではなく”挑戦”という前向きな気持ちで何事も考えているので凄い。

井出さんがクセになる性格です。笑

 

まとめ

 労基法とか考えずに割り切って読むことをお勧めします
「こういう会社もあるんだな」という気持ちで読むことで、より楽しめるかと。

 

それと、多分、結末で好き嫌いが分かれると思います。

個人的にはあの終わり方は結構好きで、これから主人公がどう変わってくかが楽しみと捉えました。

 

私はかなり勇気付けられたので、是非読んで見てください!

 

さて、今回はこの辺で。

 

ではでは!

 

こちらもどうぞ