小説「神様のカルテ 」切なすぎて泣いてしまった。ー感想・あらすじー

ども、アイルと申します!

 

映画化にもなった「神様のカルテ」、知っている方は多いのではないのでしょうか。

 

 本書は涙もろい方には特に注意です!

私はかなり涙もろいのですが、泣いてしまいました…。

ご紹介する中で多少のネタバレがあることをご了承ください。

神様のカルテ (小学館文庫)

 

本の紹介

タイトル「神様のカルテ 1」

 

著者「夏川草介」 


信州大学医学部卒。

長野県の病院にて地域医療に従事。2009年、本作で「第十回小学館文庫小説賞」を受賞しデビューされました。

 

他の作品として、「七色」、「本を守ろうとする猫」

などがあります!

 

あらすじ

この病院では、奇蹟が起きる。

栗原一止は信州にある「24時間、365対応」の病院で働く、29歳の内科医である。

 

妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが日々多忙な診療をなんとかこなしている。


 そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。

しかし、そこは患者との触れ合いがほとんどのない、栗原が望む世界だったのだろうか。

 

そこに安曇さんから思いがけない贈り物が送られた。
 

おすすめポイント

地方医療の忙しさ、それを取り巻く人間関係

地方都市で勤務5年目の内科医、栗原一止は毎日多忙な生活。

1週間の半分は病院で過ごすことも当たり前の忙しさ。

 

そんな地方病院は24時間営業、365日休みなしというコンビニ並の営業力。

普段何気なく通ってる私たちですが、本書を見てから病院の裏側を見た気がします。

 

そして、栗原一止だけではなく、本書には登場人物が何と言っても個性的!

栗原一止も昔ながらの話方で変人扱いされてるのですが、その他にも面白いメンバーが大勢います。

 

感動エピソードのみだけではなく、面白い会話が豊富なのも見所の1つとなっております。

 

 

生と死が間近で感じる

患者を失う瞬間、まるで親しい友人を亡くしてしまった感覚を味わいました。

 

特に安曇さんというおばぁちゃんの話です。

これにはかなり感動…というか切なくなる。

 

「癒しの安曇さん」と言われるほど優しいおばぁちゃんが亡くなる瞬間は心が痛くなる思いでした。

 

亡くなる前の過去話、そして、後日談がかなり感動します。

(通学途中で泣いてしまった何て言えない…)

 

他にも涙もろい私は何度も泣いてしまった…。

 

医師としての苦悩と葛藤

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170405080457j:image

栗原一止は変人扱いされていますが、かなり優秀な医者です。

それゆえ、医局と呼ばれる高度な医療の勉強できる所へお誘いが来ますが、ここで苦悩…。

 

地方の田舎で日々多忙ですが患者との触れ合い、居心地の良さをどうしても忘れることが出来ません。

それに、「御嶽荘(おんたけそう)」という住んでいる所の個性的な人達。

学士殿、男爵、これらの盟友達とも離れたくない気持ちがあります。

 

ラストになるにつれて、栗原一止の気持ちがどのように変わっていくか。

そして、終盤の終わり方には何とも言えないスッキリ感がありました。

 

 まとめ

「神様のカルテ」のシリーズは全4種あるのでこちらも、是非読んで見てください。

 

「医療系の小説には抵抗がある…」という方にも、それほど小難しいことは書いておりませんでしたので

気軽に読めると思いますよ。

さて、今回はこの辺で。

 

ではでは!