【感想】住野よる 小説「かくしごと」にあの頃の青春を思い出し心打たれた。

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620172920p:image

ども、アイルと申します!

 

 人それぞれ隠しごとはありますよね。

誰にも知られたくない、言いたくないこと。

 

そして、青春真っ只中の高校生を舞台とした物語。

すごく感動…というより微笑ましい展開となっております。

 ※ネタバレが多少ありますのでご注意ください。

 

本の紹介

タイトル「かくしごと」

 

著者「住野よる」

住野よるさんに関してはこちらでご紹介してますので、気になる方は是非見てください。

www.aile-oooi.net

 

か「」く「」し「」ご「」と「

 あらすじ

きっと誰もが持っている、自分だけの「かくしごと」。

みんなには隠している、ちょっとだけ特別なちから。

別になんの役にも立たないけれど、そのせいで最近、君のことが気になって仕方ないんだ――。

クラスメイト5人の「かくしごと」が照らし出す、お互いへのもどかしい想い。

(Amazonより引用)

 

登場人物

 f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620172932p:image

京くん

地味な自分に引け目を感じている。気になるのに言い出せないことも。

 

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620172958p:image

ヅカ

体育会系で明るい長身の「王子様」。みんなに好かれるクラスの人気者。

 

 f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620173004p:image

ミッキー

ヒロインよりヒーローになりたい。必殺技は飛び蹴り。

 

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620173026p:image

パラ

パッパラパーで予測不能。ふざけているようで実は本気?

 

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620173056p:image

エル

内気で控えめ。裁縫が得意。ある日突然不登校に。

 

おすすめポイント

一人一人が個性的

 章ごとに視点が変わるのも面白い点です。

・一章〜か、く。し!ご?と (京くん)

 

・二章〜か/くし=ご*と (ミッキー)

 

・三章〜か1く2し3ご4と (パラ)

 

・四章〜か♠︎く♢し♣︎ご♡と (ヅカ)

 

・五章〜か↓く←し↑ご→ (エル)

 

あらすじでもあるように、この記号は「気持ち」を表しています。

 つまり相手の気持ちがわかるということです。

 

これが章ごとに分かれているため、「あのシーンではこんなこと思っていたのか!」と新鮮さがあります。

言葉を変えれば、特殊能力と言えるので、そういうジャンルが苦手な方はあまりオススメしません。

 

 どれも面白いのですが、1番のオススメの章は三章のパラです。

一見パッパラパーのように見えます。しかし、きちんと彼女なりの考えで行動してる姿はとても共感しました。

 

淡く、もどかしい恋愛物語

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170620172920p:image

 そう、何と言っても恋愛と人間関係を軸としたストーリー展開です。

主人公の京くんが不器用な子で、彼が必死に頑張ってる姿は何とも微笑ましいかった。

この京くんの恋は後半にかけてアツアツな展開となっております。

 

また、 人間関係で「頑張ってるなー」と感じたのはエルですね。

周りの目を気にしちゃう、心が繊細すぎるというか…。

私も少しこのように感じることが日常で感じることがあるので、ものすごく共感できました。

 

ヅカとミッキーは中学生からの付き合いということで非常に読んでても仲の良さが伝わってきます。

ちなみに、ミッキーのあだ名の由来は笑うときに、あの有名な夢の国「ハハッ」と似ているからだそうです。

 なかなか独特な笑い方。

 

ヅカは宝塚にいそうだから、どういう理由であだ名がつきました。

あの宝塚ですからかなりのイケメン…。そりゃ、クラスの人気者です。

 

一見、何もなさそうな2人が実は意外な過去があった時は驚きでした。

 

なかなかの驚きポイントです。

うん、これも青春ってやつですな。

 

【スポンサーリンク】
 

青春を感じ取ることができる

 恋愛と言えば…?

 

青春。まさに青春。

 

恋愛なくして青春はありません(断言)

高校生って1番青春を送れる時期と勝手に思っています。

それに、高校生って中学生と違って色々な新たな出会いがあります。

 

その点だと後半のミッキーの姿を見てると可愛いです。

純粋で、真っ直ぐで不器用な彼女には読んでいて元気をもらえる。

 何事にも正直で友達想い。実に素晴らしい人間性です。

そんな彼女の姿をみて、元気をもらうのもこの本を読む醍醐味の1つではないでしょうか。

 

こんな方におすすめ

 ・恋愛系を読みたい。

 

・青春を感じたい。

 

 ・少し変わったキャラたち

 

 少し他の恋愛小説と変わった物語。新鮮さがあります。

友情と恋愛の比率がだいたい6:4くらいなので、どちらも程よく楽しめるのがオススメポイント。

 

私の一番の好きなキャラはやっぱり"パラ"ですね。

一見、チャランポランに見えても実は思慮深い人。実に魅力的です。

 

各それぞれこのような力があったら一度は体験してみたいですが、毎日だと慣れるまで大変そう…。

 

少し余談になってしまいましたが、新しい恋愛と友情小説として是非楽しんでください。

 

まとめ

こんな恋愛と青春を送ってみたかったと正直に思います。

実に、友情と恋愛は素晴らしいものですね。

 

現実はこう上手くはいきませんが…それでも小説で存分に青い春を楽しみましょう。

 

さて、今回はこの辺で。

ではでは!

こちらもどうぞ 

www.aile-oooi.net

www.aile-oooi.net