Daigo「なぜかまわりに助けられる人の心理術」人に助けてもらうにはこんな特徴が必要だった!

 ども、アイルと申します!

 

より良い関係を築くのに「自分が頑張らなきゃ」「もっと自分を変えないと!」と思っている方はいますか?

 

そんな考え方が変わる時代がついにやって来ました。

(歓喜…圧倒的歓喜…!)

 

今度は相手から自分にやってもらう時代。

つまり、次は周りに助けてもらう存在になるのです。

相手が上司であれ、恋人であれ、同じ人間なので誰であろうと使うテクニックは変わりません。

今日で尽くしてきた自分に「お疲れ様」と言ってさよならバイバイしましょう。

 

本の紹介

タイトル「なぜかまわりに助けられる人の心理術」

 

著者「Daigo」

 

こちらの記事で1度ご紹介してますのでこちらをお読みください( .. ) 

www.aile-oooi.net

なぜかまわりに助けられる人の心理術

 

 おすすめポイント

やってもらうためには3つのルールがあった!

1.尽くさない

2.強がらない

3.頼まない

 

これだけ言われると何のことかさっぱり分かりませんね。

では、今回は1を簡単にご紹介します。

 

1.尽くさない

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170420165049j:image

 誰に対しても尽くすことで「良い人」と思われたい、と思う方は多いはず。

私もよく「尽くす私、ジェントルマンすぎる」と勘違いしてた時期もありました\(^o^)/

 

しかし、尽くすことによる「良い人」は持続しないのです。

 

最初はもちろん感動するかもしれません。

ですが、後々 「良い人=どうでも良い人」という負の方程式が完成されてしまいます。

 

例で挙げると、ギャンブルが1番わかりやすいです。

負けると分かっていながらも「勝つかもしれない…負けるかもしれない」というランダム性を上手く脳に刺激しているから止められません。

 

刺激を受けることによってドーパミンという快楽ホルモンが分泌して、やる気も集中力も向上します。

出典:なぜかまわりに助けられる人の心理術 一部引用

 

これを利用して自分の行動にランダム性を付けてあげましょう

彼女が手料理を毎日振る舞うのではなく、「ジャンケンに勝てたら」

毎回奢るのではなく、適度に奢るなど。

 

これで金銭面は浮きます!まぁ、最初の何回かは奢った方が良いかと思いますが…笑

 

やってもらってるのに好かれる!?

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170420171856j:image

「自分の我が子を好きで好きで何でもやってあげたい!」

そう、相手から好かれた上でやってあげたい、と思わせれば良いのだ。

 

「そんなチートあるのかよ…」まず思ったことはこれです。

世の中そんな甘くない…と思いつつ読んでしまう私。

 

相手から好かれるトラップは7種類

 

それらを駆使すればきっとやってもらえる人になれるそうです。

まずは先手必勝で相手を取り入れます。

 

「やってもらいたいのに、こっちがやるのかよ」という声がチラホラ…。

まぁ、そーですよね…こっちは尽くしすぎて疲れてる状態ですよね。

 

しかし、あるこんな実験がありました。

ある心理学の実験に、二人の被験者が参加しています。

休憩中に協力者が被験者に「飲み物買ってきたから飲まない?」と言ってコーラを渡します。

 

実験を終えたあと被験者に「今、自分はくじを売ってるんだ」と話しかけ豪華な景品が当たる。

一番多くくじを売った人には報酬金が出ることを伝えます。

 

そして、「良かったら買ってくれない?たくさん買ってくれるぶんには嬉しいけど無理する必要ないよ」とやわらかく打診します。

 

コーラを貰った被験者は平均して50セント分のくじを買いました。

これこそ5倍のレートです。

出典:なぜかまわりに助けられる人の心理術 p98

 

 まさに先手必勝なのです。

逆に先手を打たれた時は、「いいよ。じゃ、これも調べてくれない?」と切り返せば相手はなかなか断りずらいでしょう。

 (これは使える…!)

 

知ってれば得、行動するかは自分次第

f:id:aile-strike-gundam-gat-x105:20170421084211j:image

何事もそうですが、実践した者勝ちだと思います。

「あ、これいいかも!」って思っても自分には合わなかったり、

逆に合わないと思ったものが意外とあったり。

 

つまり取捨選択は自分次第です。

本に書いてあることが全てではありません!

 

自分にあったスタイルで行動するのが大切ですが、そのために知ることも大切ですね。

 

ポケモンは四天王を倒してから本番であるかのように、本書はまだチュートリアルなのです。

 

 まとめ

色んなDaiGoさんの本を読んできましたが、やはりスッと入ってくる感じで非常に読みやすいですね。

1冊がいつの間にか読み終えてた状態が何度もありました。

 

こんなすぐには上手くいかないとは思いますが、少しずつ確実に行動していけば助けられる人になれそう。

塵も積もればなんとやらですね。

 

さて、今回はこの辺で。

ではでは!

 

こちらもどうぞ!

www.aile-oooi.net

www.aile-oooi.net